Get the look with Plastic surgery

推薦サイト集g

美容整形による豊胸手術の種類

豊胸手術には、いくつかの種類があります。大きく分けて3つ、1つめはヒアルロン酸注入、2つめはシリコンバッグ挿入、3つめは脂肪注入です。1つめのヒアルロン酸注入の特徴は傷と負担が小さいことです。

2つめのシリコンバッグ挿入の特徴は、ボリュームを期待できること、シリコンを取り出すことが可能であることです。3つめの脂肪注入は、他の方法と比較して自然な仕上がりであること、自分の細胞を使うため拒絶反応が怒らないことです。いずれにしても豊胸手術は美容整形であり、施術にあたっては身体にメスを入れたり、麻酔をかける行為をしますので慎重に検討しましょう。

美容整形のバッグプロテーゼ豊胸では挿入素材に注意

バストを切開して詰め物をする豊胸術を、バッグプロテーゼ挿入法といいます。この施術に用いる素材には様々な種類がありますので、事前に特徴を把握しておくことが重要です。一般的な素材はシリコンで、美容整形クリニック各社にて様々な品質向上が試みられています。

コヒーシブシリコンジェルは、粘着力が強く、万が一のバッグ破損時でも中身が漏れ出しにくい特徴があります。安全性で選ぶなら、バッグそのものの耐久力を向上させた、バイオセルバッグもお勧めです。他にも、自然な仕上がりと触り心地を実現できるメモリージェルバッグ、施術の負担が小さい生理食塩水バッグなどがあります。

美容整形業界で改良が進むヒアルロン酸豊胸術

ヒアルロン酸注入法による豊胸術は、手軽に行えるプチ整形として人気があります。この人気を受けて、美容整形クリニック各社では、ヒアルロン酸成分の独自改良が進められています。

水分の占める比率を大きくすることで、バストの触り心地をより自然なものに近づけるクリニックもあれば、分子の大きさを調整して体内に吸収されづらい性質にするクリニックもあります。より自然に、長持ちする、高品質なヒアルロン酸へと進化し続けているのです。注入技術も研究されており、左右のバストの大きさを調整するような繊細な施術でも、違和感がないような仕上がりになっています。

美容整形である豊胸を行う

外国人のセレブなどもこぞっておこなっている豊胸ですが、日本においても人気の美容整形であることがあげられます。豊胸術の方法については、ヒアルロン酸注入を行なうことができたり、脂肪吸引後の脂肪で注入をおこなったりすることができます。

また、シリコンのバックでの挿入も可能になっていますので、さまざまな方法でのバストアップが可能になるようになりました。メリットやデメリットについては三者三様になりますので、担当になるドクターとしっかりと話し合いをおこなうことで、自身に適した施術方法を見つけることができるでしょう。

豊胸なら美容外科kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 【公式】
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 【脂肪吸引】
http://bust.k-biyou.com/ 【豊胸】
http://nose.k-biyou.com/ 【鼻整形】
http://eye.k-biyou.com/ 【二重整形】

Vaser脂肪吸引で小顔に、脂肪注入による豊胸手術、二重まぶたにする二重整形、隆鼻などの鼻整形、レーザー脱毛などの美容整形。

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

豊胸手術・脂肪注入の関連記事